男性の顔のアップ

男性の顔のアップ

シアリスにおける偽造品の見分け方とは?

シアリスは2002年11月にヨーロッパで承認され、世界中に多くの愛用者がいるED治療薬です。
日本でも2007年に承認されました。
正規に製造されているシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
本物のシアリスは黄色い涙型の錠剤です。用量に応じてC20などの刻印があります。

シアリスは遅効性と長い持続時間が大きな特徴です。
一般的な病院では10mgか20mgを使用してED治療が行われます。
持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間です。

シアリスは服用すると体内でゆっくりと吸収されます。
空腹時に服用すれば約3時間で自然にペニスを勃起させることができます。
また体内で緩やかに吸収されることから、副作用を発症しにくいというメリットもあります。
シアリスには軽いめまいや頭痛などの副作用が存在しますが、実際に発症するのは服用した患者の3割ほどです。

仮に発症しても症状は軽く、基本的に大きな問題はありません。
さらにシアリスは食事の影響を受けにくく、服用前に800kcalまでの食事が可能です。

非常に扱いやすく体への負担も少ないため、シアリスは世界中で人気があります。
様々なED治療薬の中でも世界シェアは4割を超えます。
一方、偽造品も多く流通しているので注意が必要です。
偽造品の多くは中国などで製造されており、有効成分が含まれていない場合や正体不明の成分が含まれる場合があります。

また劣悪な衛生環境で製造されている事例も見られます。
偽造品の服用は効果がないだけでなく、健康上の被害をもたらす危険性があるので注意が必要です。

病院でED治療を行なう場合には偽造品を購入する危険性は少なくなります。
シアリスは個人輸入手続代行サイトを利用すれば、安く購入することができます。
ただし海外から個人輸入する場合には偽造品を購入する危険性があるので、他の利用者による口コミやサイトの表記などを参考に信頼できる業者を選ぶことが重要です。

偽造品のED治療薬を服用するリスクとは?

シアリスは世界的に人気のあるED治療薬なので、偽造品も多く流通しています。
本物と偽造品の基本的な見分け方としてはパッケージや錠剤の色、用量などを比較する方法があります。
偽造品には100mgの錠剤も存在します。

本物は5mgと10mg、20mgの3種類だけで、50mgや100mgは存在しません。
仮に個人輸入代行サイトで100mgの錠剤を見かけた場合には、間違いなく偽造品なので避ける必要があります。
偽造品の見分け方としては、まず本物とよく見比べることが重要です。

シアリスの偽造品には10mgや20mgの錠剤も存在します。
またパッケージも精巧に作られており、本物と見分けがつかない場合もあります。
外観上見分けるのが困難な場合もあるので、海外から個人輸入する場合には信頼できる個人輸入代行サイトの選定が非常に重要です。
偽造品を服用するリスクとしては、思わぬ健康被害が生じる可能性を挙げることができます。
シアリスには軽いめまいなどの副作用が存在しますが、偽造品を服用することで重くなる可能性もあります。

偽造品には有効成分が含まれていなかったり、よく分からない物質が含まれていることが考えられます。
また劣悪な衛生環境で製造されたものもあり服用すると危険です。
効果がないだけでなく、何らかの健康被害を生じる可能性があります。
例えばシアリスは直近3か月以内に心筋梗塞の既往歴がある場合や、直近6か月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある場合には服用できません。
偽造品を服用することで、心臓や脳などに大きな障害をもたらす可能性もあります。

シアリスは副作用を発症しにくく、基本的に安全なED治療薬です。
ただし世界中で人気があるので、危険な偽造品も多く流通しています。
正規品でED治療を行なうには病院で処方を受けるか、信頼できる個人輸入代行サイトを選ぶ必要があります。