男性の顔のアップ

男性の顔のアップ

シアリスの副作用には注意しましょう

ED治療薬として、日本では3種類の薬が認可されています。
第1の薬はあまりにも有名で世界中に愛用者がいるのですが、確かにEDへの効果は高いものの使いにくい部分もあります。
利用にあたってお困りの場合は、まったく特徴の異なる第3の薬・シアリスも試してみませんか。

第1・第2の薬はともに即効性を売りにしているのですが、シアリスの方は持続力の長さが特徴です。
じっくり、最長で36時間もの間効果の続く薬です。
シアリスにはウィークエンドピルという愛称も付いているほどです。
週末のパートナーとのふれあいを楽しむ時や、パートナーと旅行などへ行く前に服用しておけば旅行中ずっと良い状態を保つことができるのです。
EDであることがパートナーに知られる心配もありません。

これらの治療薬は日本でも認可はされているものの実は副作用があります。
ED治療薬で勃起不全が治るのは、血管が拡張されて陰茎に血液が流れ込みやすくなるからです。
しかし、血管が広がるのは下半身だけでなく全身です。
あらゆる部分にて充血が起こり、頭痛や顔の火照り・目の充血・消化不良といった症状が起こってしまうのです。

とはいえ、副作用のあるような薬なのに日本で認可されているのはその症状がそれほど重篤なものではないからです。
薬の作用が続いている間は血管が拡張され副作用が起こりますが、効き目が薄れていくに連れて血管も元通りになり収まっていきます。
後遺症が残るような心配もありません。

さまざまな症状が起こっても、それが強すぎたりいつまでたっても治まらないというのでなければ気にする必要はないのです。
血管が広がる以上は仕方がないことです。

そうは言っても、性行為を行うたびに副作用が出ていると行為に集中できない部分があります。
頭痛が出やすいというのであれば頭痛薬を併用することは許されているのですが、顔の火照りや消化不良はどうしようもありません。
できれば副作用は少ない方が良いというならおすすめはシアリスです。

シアリスはED治療薬の中でも副作用が少ない

第1・第2の薬はスピード勝負、ガツンと効き目が現れます。
そのため一気に血管が拡張し副作用が出やすいのです。服用者の90パーセントは副作用が出るといわれています。

一方のシアリスはマイルドな効き目です。
本番の3時間前くらいに服用しておき、少しずつ血管が拡張されていきます。
そのため副作用は少ないと言われています。ゆっくりと血管が拡張するので充血しにくいのです。

とはいえ、まったく副作用が起こらないというわけではなく30パーセント程度の方にはおなじように頭痛や顔の火照りなど現れます。
ただ現れたとしても症状がそれほどではなかったりという場合も多いです。
心配は無いとはいえ、副作用に毎回悩まされているという方はシアリスに変えてみてはいかがでしょうか。

しかしながら、シアリスはゆっくりと症状が現れることから副作用が少ないといわれています。
薬である以上は身体に何らかの影響が与えられるという点では同じです。
他の薬同様に併用禁忌とされる薬もありますし、ガツンと来ない分不安になって大量摂取すると危険です。
正しい知識を持ち、用法用量を守って服用するようにしましょう。

第1の薬は食事と併用することで効果が半減してしまいます。
シアリスも第2の薬と同じく食事の影響を受けにくいという点でも使いやすく進化しています。
確かに未だに第1の薬の愛用者は世界中に最も多いです。

ですが、副作用が起こるのが嫌な方・もっと長期的に効果が持続して欲しい方・食事を取らずにいなければならないとなると難しいという方はシアリスも試してみましょう。
こちらも病院で処方してもらうことができます。
毎回処方してもらうのは恥ずかしい・面倒だというなら海外のものを個人輸入で手に入れるという方法だってあります。