男性の顔のアップ

男性の顔のアップ

他のED治療薬と比較するシアリスの特徴

シアリスはバイアグラをはじめとするED治療薬の中では、とりわけ持続時間に優れているとされています。
ED治療薬といえば、バイアグラが1998年に発表され大きな話題となるとともに、その効果の高さから多くのED患者を救ってきました。
その一方でバイアグラは食事の影響を受けやすいことや副作用の問題、持続時間や即効性の面から様々な研究が重ねられ、レビトラやシアリスが開発されたのです。

シアリスの特徴の一つに持続時間が長時間にわたることがあげられます。
他のED治療薬と比較するとバイアグラが5~6時間、レビトラが8~10時間であるのに対し、最長で36時間にもなりますから、いかにシアリスが優れているかがわかります。

これは、シアリスに含まれる有効成分がゆっくりと体内に浸透することから、高い血中濃度を長時間にわたって持続できる特性によるものです。
その反面、効果が現れるまでには3時間程度を要することから、即効性といった点比較すると、バイアグラやレビトラに一日の長があります。

食事の影響といった点で比較すると、バイアグラは影響を受けやすく、レビトラは比較的受けにくいことで知られていますが、シアリスの場合はほとんど影響がないといっても過言ではありません。
概ね800キロカロリーまでの食事であれば、その効果を半減させることはありません。
そのためバイアグラのように食事のタイミングを気にしないでよいのは大きな特徴といえます。

副作用の点で比較すると、ED治療薬は有効成分は違えど、血管拡張作用をもたらす仕組みは同じですから頭痛や火照りといった副作用は、どのED治療薬にも発生するものです。
シアリスは体内への吸収速度が遅いことから比較的発生しにくいことが大きな特徴です。
これに対してレビトラは即効性に優れてい分、副作用も発生しやすいのが特徴です。

こういった特徴を加味すると、持続時間のシアリス、即効性のレビトラ、スタンダードなバイアグラといった位置付けができます。
したがって、ED治療薬を選ぶ際には、自分の体質に合ったものを選ぶことは当然として、用途に応じて使い分けることが賢明な利用方法だといえます。

シアリスは週末のデートに使うと長所が出る

シアリスの最大の特徴は持続時間にあり、最も有効成分が多く含まれたものだと36時間程度の持続時間が期待できます。
つまり、金曜日の夕方に服用すれば日曜日の午後まで効果が持続するため、ウィークエンドピルとも呼ばれています。

こういったシアリスの長所をもたらす要因は、その有効成分が徐々に体内に浸透して、一定の血中濃度を長時間持続できることですが、さらには食事の影響を受けにくいといった長所にもつながっています。
例えばバイアグラの場合、有効成分は腸から吸収されるため空腹時に服用しないとその効果は半減してしまいます。
そのため、服用するには食後2時間程度のブランクが必要となります。

さらにバイアグラの有効成分が最高血中濃度に達するまでには、1時間程度が必要となります。
そのため常に服用のタイミングを注意する必要があり、必然的にパートナーにED治療薬を服用していることが知られてしまいます。
その点、シアリスは効果が現れるまで3時間程度かかりますが、一度服用すれば食事の影響もほとんど考えなくてよいため、ED治療薬の服用を気付かれることもありません。

また、副作用の面においても、急激に効果が現れないという理由で有効成分が体に馴染みやすくなります。
頭痛や火照り、目の充血、動悸などの症状は見られるものの、他のED治療薬の発生率が概ね7割であるのに対し、シアリスは3割程度ですから比較的副作用が発生しにくいED治療薬であるといえます。

つまりシアリスは、持続時間が長時間であることも大きな長所です。
しかし、食事の影響を受けにくく副作用が発生しにくいといった特徴もあるため、週末のデートなど長時間にわたってパートナーと過ごす際に効果を発揮するED治療薬だといえるでしょう。