男性の顔のアップ

男性の顔のアップ

ED治療薬を服用するなら体調管理もしっかりしましょう

成人男性の悩みで最近多くなっているのが勃起持続時間の短さです。
パートナーと性行為を行っても思うように持続が持続せず、挿入しても中折れになります。
ここまま放置しても症状は改善しませんので、何らかの対策が必要です。

勃起持続を伸ばすために効果があるのは、ED治療薬の服用です。
但しその効果を最大限引き出したいのなら、日頃からの体調管理が大切になります。
まず生活習慣の見直しから始めて下さい。勃起持続のポイントは、体内の血流改善です。
血流が良くなると陰茎に大量の血液が流れこみ勃起しやすくなります。

具体的な方法としては、タバコを吸う人は可能ならば禁煙に取り組みましょう。
タバコは血液の流れを悪くします。
いきなりの禁煙が辛ければ1日に吸う量を少しずつ減らして下さい。
禁煙は勃起持続だけでなく、健康にも非常に有効です。

またアルコールも控えて下さい。
アルコールは適量であればストレスを解消し健康にも良いのですが、飲み過ぎるとカロリーを取りすぎて肥満になるのと、性的興奮があっても勃起を伝える信号が陰茎に思うように送れなくなります。
会社の接待などで飲むケースもありますので、止めるのは難しいですが途中でソフトドリンクに変更するなどして量を減らすよう意識しましょう。

タバコとアルコールを控えることが出来たら、次は食事にも気をつけましょう。
外食中心の食事だと、高カロリーで炭水化物の割合が大きくなります。
このような食事を続けると血管が閉塞しやすくなり問題です。

食生活を見直すことは勃起や中折れだけでなく体調も改善します。
理想は高タンパク低カロリーな食事なので、肉が食べたければサラダチキンに置き換えたり、白米の量も少しずつ減らすなど、できることから取り組んで下さい。

運動習慣がなければ積極的に体を動かすようにしましょう。カロリーが消費されますし、血流改善にも繋がります。
歩く回数を増やしたりストレッチも取り入れて生活の中に運動を取り入れることが大切です。

メンタル面と体調面を整えることが勃起のポイント

勃起持続のポイントは、今まで紹介してきた体調面を整えることと同時に、メンタル面も整えることが大切です。
メンタルが弱いと性行為に及んでも勃起しないのではと不安になり、思うように性的刺激が陰茎に伝わらなくなるからです。
このためメンタルの改善について幾つか紹介します。

まずは充分な睡眠時間を確保して下さい。
睡眠はメンタルをリラックスさせる効果が高いし、肉体も休息させることができます。
寝る前にコーヒーを飲むのは避けてホットミルクを飲んだり、気持ちの落ち着く音楽を鑑賞するのも良いでしょう。

次に自慰行為の仕方も改善して下さい。
短時間で射精しては刺激に弱くなり、勃起持続に繋がらないからです。
短時間での射精防止し、できるだけ射精を我慢して自慰行為を行うことを始めましょう。

また自慰行為の材料にアダルト動画を活用するケースが多いですが、可能ならば活用するケースを減らして脳内でイメージして自慰行為をして下さい。
刺激が強すぎる勃起持続が難しくなるからです。
良いのはパートナーとのセックスをイメージして、相手をどのようなセックスがしたいか、気持ち良くさせるにはどうすれば良いか想像することです。
失敗イメージは防止して、とにかく過去の成功体験をイメージしましょう。

自慰行為の回数も大切です。
し過ぎるのも良くありませんが、1日1回程度なら問題ありません。
精液を排出することで新たに精液を作ろうと男性機能が活発になり勃起持続にも繋がります。

そして最後はパートナーとのセックスです。
ここまで努力すれば問題ありませんので、失敗イメージは防止し自信を持って挑んで下さい体質も改善し、今までにない勃起持続が達成することを繰り返せば不安は解消されます。